デザインハット

トップページ

サイズ

刺繍

裏地

Form

子供に被せる帽子のサイズの選び方と取扱いについて

子供を屋外で遊ばせる際、直射日光による体温の上昇に気を付ける必要があります。特に頭部は最も日光が当たりやすい部分なので、遮光性を持つ帽子を被せて日射病などのトラブルを回避させることが保護者の務めです。成長途中の子供は体が毎日のように大きくなるので、被せている帽子のサイズにも気を配る必要があります。サイズが小さくなると頭に被せても脱げやすくなり、思わぬ事故を引き起こすことがあります。その一方で体の成長を見越して大きい帽子を用意しても逆に緩すぎて扱いにくくなります。そのため、子供の頭に合致した物を与えるように心がけます。子供向けの商品はサイズを調節できる物が多数を占めますが、子供の成長の度合いによっては成人用の商品が適していることもある点を把握する必要があります。また、毎日被っていると頭部の汗や皮脂などの汚れが付着して不潔な状態になってしまうので、洗い替えを複数用意しておくことが衛生管理の面で重要なポイントです。

サイズ調節のできる帽子

帽子を買うときにサイズはとても重要です。自分の頭の大きさより小さいと入らないし、サイズが大きいと少し風が吹いただけで飛んでしまったり、見栄えも悪いです。そんな時にS・Mという大きさ以外にも帽子のサイズを調節できるものがあります。それは帽子の内側についている大きさを調節できるベルトです。このベルトはマジックテープで長さを調節できるようになっていて、きつい場合は外側にずらしゆるい場合は内側に調節できるようになっています。この方法によって細かい大きさ調節が可能になり、自分の頭にぴったりのものをかぶることができるようになりました。頭が大きい人や小さい人と、意外とぴったりのものを見つけるのは難しいですが、この機能があると微調整が可能なので助かります。キャップタイプのものには後ろに大きさ調節のベルトがついていますが、それが内側に内臓されたのがこの機能です。大きさの調節に融通が利くタイプのものを見つけて、自分らしくファッションを楽しみましょう。

『帽子 サイズ』 最新ツイート